新規登録 ログイン
想いは時間じゃなくて質。想いは重い。
space3123 投稿 - 2017/09/14 更新 - 2017/09/16 2 Comments 481 Views
good投票
CloretsUwcr72asakist
梅雨始め 校舎の廊下
夏服の貴方とすれ違った
窓から抜けた風に髪が揺れる
貴方は泣いていた

帰り道 夕暮れ 水たまり
傘を杖にゆらゆら歩く
この不思議な気持ちはなんだろう
天気のせいかな それとも

湿った匂い鼻をくぐるたび
名前も知らない貴方の
泣き顔を思い出す
気になってる 夏の始まり

何をするにしても
ついてくるこの高鳴りを
枕に抑えつけるけど
増してくばかり 恋の始まり

授業の合間 トイレに行くことが増えた
廊下をゆっくりと歩く
すれ違うたび 話もしないくせに
思いだけが募っていった

梅雨終わり 校舎の廊下
笑った貴方とすれ違った
窓から見えた虹に繋いだ手を揺らす
僕は泣いていた

帰り道 夕立ち 雨の中
傘もささずにゆらゆら歩く
この不思議な気持ちはなんだろう
もうわかってた それでも

涙誘う痛みが鼻を通るたび
やっと名前を知れた貴方の
泣き顔を思い出す
咲きもせず散りもせず 蕾のまま

この気持ちはついてくる
抱くには辛いから背負ってく
家に帰ろう 虹が見えた
雨上がり 恋の終わり
タグ :
*
[ 編集 ]

2 Comments

Uwcr72Uwcr72
2017/09/14
素晴らしいです。
片思いの結末をこんなにも遠回しで
なのにストレートに伝えてくるなんて
space3123space3123
2017/09/14
Uwcr72さん、ありがとうございます!
そう言っていただけて嬉しいです。
これからも頑張ります!!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録