新規登録 ログイン
久しぶりに出来た
MATATABI 投稿 - 2017/09/12 更新 - 2017/09/23 6 Comments 262 Views
good投票
manbou0502Sakyumemigati3
複雑な顔した無人駅
言葉足らずの蝶が舞い
花も心地よく鳴く灯り

君は いま 何ができる?
僕の ことを胸のなかで呼んでるの?
滑ってしまいそうな
レール見ながら なにを感じるか

いざ、今宵は鹿も跳び跳ねる月だ
行くあてなど考えなくていいよ
小さな猪追いかけて
駆け巡る鹿に乗れ

嫌らしい目をした中年も
吐き出したばかりの煙さえ
蝶と一緒に舞い踊れ

いざ、今宵は鹿も跳び跳ねる月だ
明日のことなど全部捨て去って
紅葉も鳴らして星さえも
誘い口笛ならそうよ

鹿も踊る月の向こう側
いま、目指す
タグ :
[ 編集 ]

6 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/09/12
季節のせいもあるかもですが、なんか旅行に行きたくなる歌詞だなぁ、とか思いました(笑)。
不思議な雰囲気がいい感じですね。
MATATABIMATATABI
2017/09/13
さくさん、コメント&goodありがとうございます。

その感覚合ってるかも知れません。
実は、これ書いたの
無人駅の電車待ちなんですよねー笑

最近、ラブソングばっかり
書いてるからこういうのも、と思いつくりました。
SakSak
2017/09/17
こんにちは。

タイトルに惹かれてやってきました。

今まで知らなかった月のイメージを見せていただき、とても面白かったです。

個人的には花札を思い出してしまったのですが、関係あったりしますか?
MATATABIMATATABI
2017/09/19
sakさん、こんばんは♪
有難うございます☆
秋の月、と鹿も秋の季語なので
そこから広げました(^-^)
花札、実は隠してたんですが、
気づいてくれましたか笑
物語を広げるに渡り、動物をイメージしてたら
花札の世界になっちゃっただけだったりするんですが(^^;

goodも有難うございます
manbou0502manbou0502
2017/09/20
美しくて、風情がありますね~
そんな中、
嫌らしい目をした中年も
というフレーズがいいアクセントに感じました。

紅葉も鳴らして星さえも
という表現もすごいですし、こういう詞が書けることに憧れちゃいます
MATATABIMATATABI
2017/09/23
マンボウさん、コメント&goodありがとうございます♪

季節を感じられる作品を
目標に書きました♪
ありがとうございます♪
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。