新規登録 ログイン
お久しぶりです。感想お待ちしています。
sikito 投稿 - 2017/08/27 更新 - 2017/08/27 0 Comments 108 Views
good投票
portame
濡れた髪が 道を塞いだ
代わりはいるんだと
明日さえも 見えないくらい
霧が掛かったこの町を
何度 見てきただろう

進むのは簡単だけど
その先が怖くて
笑うのは簡単だけど
楽しくなんて なれない

もしも 目を閉じてまた開いたら
夢の奥に行けるような
灰色に澄んだ 空の下
一人願った
だけど それを嘲笑うかのよう
何度か目を擦っても
視界は曇ったまま

アスファルトに 咲いた花でも
枯れるのは同じだと
気づいたけど 気づかないフリ
わかってるよ醜いこと
だけど 信じたくない

シャワーみたいに強く
雨が頬を伝う
目を開いたままじゃ痛いから
少しだけ 休ませて

僕が 持っていないものばかりを
君と一緒に作れたなら
意味の持たない 涙にも
空が映るはずなのに
だけど 回りを光が包んで
頬が濡れ始めてく
早く見つけ出してよ

雨が頬を伝った
君は今日も来なかった
明日もきっと同じで
私一人ぼっち

目を閉じてまた開いたら
夢の奥に行けるような
おとぎ話なんていらないから
君といさせて
そして シャワーみたいな夕立が
私を隠すから
汚れを落とすことなく
ただ頬を濡らす涙が
いつか空を写し出すように
今日もさよなら



タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。