新規登録 ログイン
(^^)
pengin_ 投稿 - 2017/08/12 更新 - 2017/08/12 0 Comments 27 Views
good投票
12ad543

昨日よりも暑いことが嫌で
1日の初めに外出はしないと
君は決め込んでいた。

本当は
合わない化粧品の事とか
消えない右目の青い痣とか
たくさん理由はあるのに。


残してしまった氷が
少しだけ溶けて鳴る音。


短い言葉で交わすのが嫌で
日記のように君の日々を尋ねて
僕は安心していた。

本当は
さよならの後のドアの奥とか
理由なく思考停止になる事とか
他に知りたい事ばかりだった。


残してしまった氷が
少しだけ溶けて鳴る音。
誰も見ようとしないけれど、
僕だけが知っている事。

落としてしまった鍵が
床に当たって鳴る音。
拾う君に近付きながら、
振り向く前に聞こえる足音。

誰も見ようとしないのに
僕だけが知っている事。


タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。