新規登録 ログイン
知多のカフェレストラン出の物語です
narbetta 投稿 - 2017/08/11 更新 - 2017/08/11 0 Comments 37 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
岬へ向かう道沿い
古い燈台の隣
車を停めてひとり寄った
海が見えるカフェレストラン

窓の傍のテーブルは
恋人たちの場所ね
見つめあった影がふたつ
まるで映画観ているみたい

波が夕陽を跳ねて
瞬き繰り返すの
いつかの二人もきっと
こんな風に綺麗だった



別れたあとも時々
メール突然よこして
「元気」なんて聞かないでよ
ずるい人ね相変わらず

アイスコーヒーはブラックで
あなたの真似をしたわ
苦い味で嫌いになれる
訳などないと解ってるけど

連れていってほしいと
ついに言えなかった
今もあの日のように
空へ消える翼見てる

空へ消える翼見てる




0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。