新規登録 ログイン
忍ぶ恋を女性目線で描いてみました。
narbetta 投稿 - 1週間と5日前 更新 - 1週間と5日前 0 Comments 15 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
やっぱり雨が降り出して
寄り添う二人は傘の花
行き交う街灯りの中
歩きだす

「別れはまた逢う日のため」
あなたは笑顔をくれたけど
今度はいつ逢えるのって
聞いちゃいけない

女心はいつも時々、雨
寂しさを抱いて眠るときでも
優しい温もりに抱かれるひとときも
涙になる 
rain in my eyes.

帰る時間が少し憎らしくなる
気にしてるあなた 悲しくなる
繋いだ手のひら握り締めてる
はなれないでいて... 



幸せと 寂しい気持ちは
似てるね そんな気がしたの
涙の色はこんなにも
違うのに

指先 梳かれる髪のように
素直な自分になりたいけど
今以上求めたりしちゃ
きっといけない

女心はいつも時々、雨
しぶきで明日が見えなくても
こんな生き方は嫌いじゃないって
強がってる 
rain in my heart.

駅の光の前で立ち止まった
振り向くあなた 嬉しかった
笑顔のはずなのに瞳震えて
奇麗じゃないよね...



女心はいつも時々、雨
寂しさを抱いて眠るときでも
優しい温もりに抱かれるひとときも
涙になる...なる...




タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。