新規登録 ログイン
久々の休みだからって頭を作詞脳にするとこの有り様だよ!
febell 投稿 - 2017/08/06 更新 - 1週間と1日前 2 Comments 82 Views
good投票
Sken
降り積もる雪の下を  ひた走る流水のように
知られてはならぬ想い  君の喉に届きますように

賑やかなる官軍の  蛮行などには止めもせず
観測を続ける者よ  歴史に積み上げられるだろうか

消失と虚構に踏み固められた地上で
あの清らかなる唄が 真実だと知った

響け ーto the desolate groundー
響け ーto the rough skyー
往け ーto the desolate groundー
往け ーto the rough skyー

眠れる星よ目覚めよ  灼ける刻は来た



不協と共鳴の間  駆け抜けて契りを果たす
五線の垣根を越える  「人」こそ Immortal instrument

か細い指のタクトで  音域を跳躍する様に
心を貫ける者よ  果てさせる意思は起るだろうか

挫折と慟哭に埋め尽くされた後で
力を齎(もたら)せる唄が すべてだと知った

響け ーto the desolate groundー
響け ーto the rough skyー
往け ーto the desolate groundー
往け ーto the rough skyー

眠れる星よ目覚めよ  灼ける刻は来た



知られてはならぬ想い  君の喉に届きますように
五線の垣根を越える  「人」こそ Immortal instrument



響け ーto the desolate groundー
響け ーto the rough skyー
往け ーto the desolate groundー
往け ーto the rough skyー

眠れる星よ目覚めよ  灼ける刻は来た



*補足*

タイトルは英語 訳すと「不滅の楽器」 作品内で五線の垣根 とあるんだが
楽譜の五線紙と「人」の五色人種とかを織り込んでいたりする
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/08/06
新着で出されるのは久しぶりですかね。
こっそり色々楽しませていただいていたのですが、これも面白いですね。

多分、ぜんぶ間違ってはいるんだろうけど、
いろんな設定を妄想して当てはめて楽しむのが正解な気がしました。
febellfebell
2017/08/08
@@@さくさん〜

今作は単純に「体感30分で出来た」ので新着として挙げてみました、
転職したせいもあってまるで制作に時間を掛けられていなかったのですが。

タイトルは普段から最後に付けるのですが、今回に関しては
あら なんかちょっと コレにコレ付けたのはもったいないような

そんな気がしてしまう一作になっちゃった気がします、なんとなくですが。
コメント、ありがとうです〜★

追記
設定 ですか? 今作は平沢進氏が脳内で歌い出したのを聞き取った感じなので
自身で設定など設けていないので合ってるか間違ってるかまるで分かりません、
散々と解釈が降り注ぎ積もっていくだけです、ハイ。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。