新規登録 ログイン
2作目。知らないフリをしていた僕の話。表現力と語彙力を増やしたい今日この頃です!追記:タイトル、間違ってカオナシになってるやんけー!訂正訂正!!
mashiro0929 投稿 - 2017/07/03 更新 - 2017/07/03 0 Comments 117 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

A
ほらね、またそうやって
君は笑っていくんだろうな
何かを捨ててさ
だから、またそうやって
君は失くしていくんだろうな Ah

B
きっと、そうして きっと、こうして
君は雨を降らすんだ
傘がいらない人たちが横切っていく
そんな当たり前を僕は

サビ
くるくる回った赤い傘に
ひとつキスを落とすような
無意味に今日も空を見上げた
どうしようもない青が僕を責める

A
ほらね、またこうやって
昨日がひとつ増えるんだろう
君だけ残して
だから、またこうやって
誰かを悪者にしてみるけど

B
きっと、そんなの きっと、こんなの
意味なんてないんだろう
後ろ指をさした君が笑った気がした
そうして欲しいと願った

サビ
さらさら落ちてく言葉にすら
ならない感情が揺れる
無意味に明日を殺してみる
そうであればいいと心から思う

C
いっそそうやって今日を消そう
いっそこうやって明日を捨てよう
どうやったって僕は
どうやったって君は
どうやったって雨は

A
ほらね、またこうやって
君はいなくなっていくんだよ
僕だけ残して
だから、またこうやって
昨日に縋り付いたまま僕は

サビ
さんざん泣いたって何もない
言葉にならない愛だけ
無意味に昨日の空を見上げた
遠くで君の笑顔が霞んでいく




タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。