新規登録 ログイン
39作目です。「いつか巡り逢うまで夜を歩く」をテーマに書いてみました。まだまだエッジが未熟ですね。感想など頂けると嬉しいです。
Baron 投稿 - 2017/05/19 更新 - 2017/05/21 7 Comments 96 Views
good投票
portamemanbou0502yumemigati3
【Aメロ】
ため息で回る地球(ほし)から
夜空の光を眺めてたんだ
頬伝う雫がそのまま
落ちては闇に消えていくんだ

【Bメロ】
うやむやにされた悲しみは
どこに向かうんだろうな
あの空に光る輝きへ
飛び立ったりするのかな

【サビ】
溢れた声を拾う人がいなくて
僕は空に向かって叫んでた
嘆いた声は夜に響き渡って
虚しく凪を切り裂いて飛んでいく
星が静かに揺らめいてた

【Aメロ2】
涙で生きる地球(ほし)から
夜空の光を黙って見てた
胸を刺す痛みはそのまま
深まる夜に強くなるんだ

【Bメロ2】
あの光からの眺めは
どんな感じになんだろな
この僕はまるでちっぽけで
見えなかったりするのかな

【サビ2】
凍えた声をあたためる方法を
迷う僕に教えて欲しいんだ
震えた声は夜に溶けて消えて
無情に風が無かったことにした
星が静かに煌めいてた

【Cメロ】
突然 暗闇に光が灯る
目が眩むほど心は照らされ
現れた君は涙を掬いながら言った
「あなたの声はずっと聞こえてたよ」

【ラストサビ】
まだ見ぬ愛を知らず あの日の僕は
ただただ光を恨んでいたんだ
隣の君は優しく微笑み頷き
まだまだ僕の声を拾ってた
星は穏やかに輝いてた

7 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/05/19
地球と空と隣という対比で、ダイナミックさを演出する手法はお見事。
GOODしちゃいます!

BaronBaron
2017/05/20
さくさん
コメント、good評価頂きありがとうございます♪
お陰様でスランプ脱出できたみたいです。
ありがとうございました(^^)
Cメロでいきなり展開を変えるのは勇気がいったのですが、
うまく評価して頂けて嬉しいです♪
mizumizumizumizu
2017/05/20
風景描写から心理描写そしてサビ。
いつも拝見してますが、構成がしっかりしていて読みやすいなと思います。

でも言葉はシンプルになりすぎず、見事な世界観を作り出していて。。
とても勉強になります。
manbou0502manbou0502
2017/05/20
“ため息で回る地球”
“涙で生きる地球”

初っぱなからグッと読み手を引き込みますね!
流石です!

スターボイスっていうタイトルもすごくいいですね。
BaronBaron
2017/05/20
マンボウさん
コメント、good評価頂きありがとうございます♪
Aメロはどれだけ言葉遊びで読み手の興味を引くか、
というのを意識してるので
うまく世界に引き込めたようでよかったです(笑)
タイトルも褒めて下さりありがとうございます♪
最初「星声」とかにしようかなとも思ったのですが、
オサレ感を重視しました(^^)
また、見に来てやってください(笑)
BaronBaron
2017/05/21
ミズさん
コメント頂き、ありがとうございます♪
また、いつも見て頂きありがとうございます。
いつも作詞の際、読み手が受け取りやすく書こうと
構成や言葉選びは気をつけながら作詞を
心がけているのでそう言って頂けて嬉しいです(^^)
僕もミズさんの作品をよく読んですごいなあと
思っているので勉強になると言って頂けて恐縮です(笑)
BaronBaron
2017/05/21
ぽん辺ぽん太さん
good評価頂き、ありがとうございます♪
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。