新規登録 ログイン
僕が一番汚くなれば、僕は全てを好きになれる
sikito 投稿 - 2017/05/15 更新 - 2017/05/18 2 Comments 77 Views
good投票
enseikan
夢の続きを望んだら
いつの間にみんなが僕を置いてく
行く宛の1つも持たぬまま
星空に歌を乗せた

青い空も 緑の草も
赤い夕暮れでさえも
汚れきった人間がいなくちゃ
キレイだと言われない

寂しいな 苦しいな
僕の笑顔が汚いから
君の持つ 涙すら
愛しく思えたんだ

夢の続きを望んでいる
星のさらに上を見上げている
昨日までの高嶺の花は
足元で最後に輝いた

汚れた人が嫌われるお陰で
きれいな人が愛されるなら
僕は少し君の後ろにいて
石を投げられるから
それが僕の幸せ
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/05/16
暗いよ・・・(笑)。

とはいえ、自己犠牲に酔っている子供っぽさ
みたいなものが、とてもよく表現されていると思いました。
enseikanenseikan
2017/05/18
僕は
美人も醜人も
皆自分に満ちていると
思っているので
やはり
世間的に
価値あるものたちを
自分に纏いまくるしかないですね
あとは
孤高に自問自答試行錯誤の日々
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。