新規登録 ログイン
夕方は切ないのしか書けないね
alxd0220 投稿 - 2017/05/02 更新 - 2017/05/14 2 Comments 74 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
滑舌の悪い数学教師 黒板たたいて方程式
届かぬ声は通り過ぎ ぼやけた視線は窓の外
僕はここにはいないから

昨日の夜 携帯が鳴った
名前を照らす うるさいライト
きみは泣いていた

だけど

僕のせいじゃない 僕のせいじゃない
「私たち もうおしまい」
君が言ったんだ 君が言ったんだ
僕たち いつ 始まった?




とても笑えない昔のギャグ 腹抱えてる仲間たち
聞いてんのかよの十秒後 時差で返事したかすれ声
僕は昨日の夜にいた

あの日の春 教室に呼んだ
火照った顔と うるさい動悸
きみは微笑んだ

だけど

どこで間違った どこで間違った
「僕らもう一度 見つめあえるよね」
僕は言えなかった 僕は追えなかった
待っていたのは わかってたのに


そして 切れた
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/05/04
短編小説のように凝縮されたストーリーが、
えもいわれぬ魅力を作っていると思いました。

携帯電話という日常的な小道具も良いですね。
alxd0220alxd0220
2017/05/14
さくさん いつもコメント評価ありがとうございます^^
ストーリー性のあるものに挑戦してみました笑
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。