新規登録 ログイン
大先輩から提供いただいた曲に歌詞とメロディを載せました。ジャズ系は初めてだったのですが、曲調からイメージした人と街の情景描写中心の詞にしてみました。
t92dam 投稿 - 2017/02/13 更新 - 2017/02/22 4 Comments 244 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
グラスに 残る氷が 頬杖ついたら
それは長居した合図
鍵を何処かに置き去りにして

華やぐ街を背に ひとり歩いていくのさ
音も声も遠ざかって 手にした静けさ
最初からあてもなかった 透明な「帰る場所」へ
辿り着くまで深い海のような街を
la di da...


眠りについてしまえば虚ろで迷惑な
夢の世界が広がって
微笑みを越えてしまうから

やわらかな絶望待って ひとり歩いているのさ
濡れたソール 思い出は彼方に見えるよ
仕掛けられた水溜りが映した今日の空を
壊すようにね まっすぐに躊躇わずに
la di da la di da...
歩いていく

la di da...
深い海の…
タグ : [ 編集 ]

4 Comments

kuushik1kuushik1
2017/02/14
こんばんは、初めまして
この歌詞を拝見させて頂いて
『華やぐ』と言う言葉を初めて知りました
ありがとうございます。
t92damt92dam
2017/02/15
空志紀さま

コメント、ありがとうございます。
他の方の作品に触れると、表現方法や語彙の幅が広がりますよね。
私もこのサイトでそういった出会いと学びをしていきたいですし、今回少しでも参考になったのであれば大変光栄です。
r19r1r19r1
2017/02/22
こんにちは。

「水」をいろんな形で表現されているのがおもしろいなと思いました。
la di da...と歩いていく深い海のような街、行ってみたいです。
t92damt92dam
2017/02/22
りくりさま

言葉の選び方や、答えを提示されない姿勢等、(勝手ながら)共感を覚えるりくりさんからコメントをいただけてとても嬉しく思います。

この曲は人から提供いただいた曲を聞いてイメージを膨らませていきました。
行ってみたいと言ってくださった「深い海のような街」は、その曲と一緒にお読みいただくと、より情景が見えてくるかも、と思い、僭越ながら楽曲の動画を以下にご紹介させていただきました。稚拙な歌声ですが、よろしければお楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=0jjy5c3jNKk&list=PL2q8syaqONTA2tR92YZh9_0RxfR3uQJcH&index=3
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS