新規登録 ログイン
抽象度高すぎますね。ちょっと哲学ぶってみました。【たちこめる 靄が覆う】
kazumi_yuu 投稿 - 2014/10/14 更新 - 2014/11/22 6 Comments 489 Views
good投票
27j006
たちこめる 靄が覆う
去るのを待つ with laying down
指が覚えている旋律

アレグロで 走る空 
スピードを 保って デクレッシェンド

とめどなく 霧で霞む
渓谷から Let me fly down
脳が求めている残像

トレモロを 試すたび
メロディが ぼやけて デプレッション

たちこめる 靄が覆う

6 Comments

manamomanamo
2014/10/14
コメントありがとうございました!
まなも*です(^-^)/
バラードということで、
詞を読むと静かなメロディーが合いそうだな
と思いました。
哲学的な詞は読んでいて面白いです!
SakSak
2014/10/14
お久しぶりです。
お名前変えられたんですね。
コメントありがとうございました。

この詞はどんな世界なんだろう…と想像しながら読ませていただきました☆
27j00627j006
2014/10/14
和海さんお久しぶりです^^

タイトルも雰囲気も感じ出てるなと思いました

具体的にせずに詞自体をぼやかせているのかなと思いました。
この短さなんで、抽象的に書いたのは正解だなぁと思います。
女性化男性かはっきりしないですけど、ピアノを弾いている人が浮かんで、
ピアノの旋律が微かに聞こえるようでした。

Goodですね♪
退会済み
2014/10/24
Delete
面白い歌詞ですね。
kazumi_yuukazumi_yuu
2014/11/22
>まなもさん
コメントありがとうございます!
実は今回、作る過程が普段とは全く違っていて、
何かを掴もうとしてぼんやり想像していたら浮かんだ言葉の切れ端を紡いだ…って感じで作りました〜。
(文字数だったりの関係で、整えたりはしてますが)
ここから新しいインスピレーションが湧いて創作欲が…笑

>Sakさん
コメントありがとうございます!
うまく完結しなかった感は正直あって、たぶんそれは他の詞との融合で生まれればなぁと。(;´∀`)
結構ネガティブな詞であることは確かですね。。。僕の中野イメージは崖の上で、殺人事件の犯人が泣き崩れるような…そんなシーンでしょうか。
kazumi_yuukazumi_yuu
2014/11/22
>きやつさん
コメントありがとうございます!
あえてぼやかしているとも言えます、長くはできなかったとも言えます(;´∀`)
他の言葉、実は途中入れたんですが、最後に削ったんです〜、うまく成功した…かな?(;´∀`)
性別というより、ピアノのメロディが案外重要だったりもします!うまく気づいていただいて感謝です☆

>かざちゃんさん
コメントありがとうございます!
面白い歌詞、ってのは実はあまり言われたことないので嬉しいです!
結構普段は論理的な(笑、詞を書いてます!これからもよろしくお願いします!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録