新規登録 ログイン

フィベル(febell)の暇つぶし

febellfebell
2017年6月15日 05:52
まぁタイトルの通りですが。
17 件中 110 件を表示中
並び替え :
febellfebell
2018年2月20日 18:45
あ 気付くのが遅れていました、申し訳ないです。

日曜が急遽休みになり 40連勤は回避されましたが
実際は作業が手詰まりになって(前倒しで大多数を
終えられたので)進められなくて止めざるを得ない で休み。

月曜 取引相手より送られたデータの7割が間違っている と
報告があり これにより 金 土 の仕事は無駄となり
月曜はその復元作業に追われ 

今日 火曜日は復元を終えたところからまたやり直し。

実質 作業日程の4日を潰されたのですが 取引先はなぜが
「それでなぜ納期が遅れることになるのか」と怒っているらしく

・・・アホか と。

そもそも 結果的に間違っていたデータの到着すら遅れている
状況だったのによくもそんな口を叩けるもんだと
ぶち切れていたりします。

てのはまだ第一陣の話で 第二陣が既に控えているんですが
その際に取り扱うデータもまだ届いてません。
(この第二陣の作業完了を含めて40連勤の行程は組まれて
 いましたが)

そりゃやってられませんわ てなって定時に切り上げるわけです。
現在立ったまま寝られる状態に陥っているのでもう寝ます。
では〜
python357python357
2018年2月14日 09:37
こそっとお邪魔してもいいのかな、かな……

だって40連勤って、なにそれ;
ちょ、、、なにそれ;
腰痛もちのすることじゃぁないでしょ……
febellfebell
2018年2月13日 02:10
以前 連投作品は閲覧しない としていたが見るようになった
自身は10代の頃 一ヶ月に最低10作くらい書き上げていたわけ
だが最近それをふと思い出し 自身の当時のそれと
ココの連投者の作品の差異・・近日に書き上げた作品の座標の
ばらつき具合はどんなものか比べてみたくなり

と言っても連投=直近に書き上げたもの だけでは
ないんだろうけど

閲覧したらコメントくらい書けよ と突っ込まれそうなんだが

目下40連勤突入中(3月中旬終了予定)で頭は完全に仕事モードで
あり こっち(作詞)に能力を割く余裕が無い

40連勤抜けたらなんか投稿します
febellfebell
2018年1月7日 00:28
某2525動画で MMDなにがしで楽曲を視聴しているはずだが
目の前の液晶で歌って踊ってるモデルを無視して(ちなみに
視聴してたモデルは艦隊これくしょんのサラトガ)右脳が勝手に
別のアニメーションを構成して歌詞まで弄くり回して
聴かせて来る なんでこうなる・・・(呆

てことで

メロディは少々弄った感じになるかもだが制作してみる事に
脳内にやって来たキャラは性格 性質は何となくわかったけども
fps視点なので容姿が判りづらいがなんかアニメーションの色調が
やたらと彩色が多く鮮やかな感じ あ そうか

直近に視た光景が実写で列車の中で色数少なかったから余計に
そう感じるのかもしれない
febellfebell
2017年12月31日 03:07
制作こぼれ話

脳内にイントロを流して右脳にそれに見合った映像を作ってもらい
視て それに見合った声が聴こえて来たら制作開始 てのが
直近の自身の制作時の主流なのだが

 冬のままでいい このままでいい
 私が望むべき春を迎えたい 

言葉として書くとこんな感情 思考が唐突に流れ込んで来た
言葉として聴き取ったわけではない なぜなら舞台は日本では
ないし現代でもない まして今回はアニメ調ではなく実写である
fps視点でもないのに言葉を言葉として聴認していないのになぜ
脳内に感情が流れ込んで来た?

 容姿はマザーテレサのような衣服を纏った女性で
 年齢は30~50代 日本人ではないので精査出来ない

自身 制作時にやって来たばかりの映像に登場したキャラには
「声」は無い せいぜい映像に見合った楽曲の歌声が
聴こえて来る(正確には右脳が勝手に精製して聴かせている)
程度なのだがイントロ無視して感情がやって来たせいで混乱して
しまった

列車の窓の向こうは一面が白銀の絨毯で覆われており復旧作業は
難航どころか行われてすらいない 二次災害を警戒しているのか
地域の活動自体が停止しているのか定かでない
(そこまで読み取る事が出来ない)
ちなみに列車は景色が流れていないので走行していないようだ
雪は降り続ける しかし季節が巡って春となったら
露出するのは膨大な瓦礫となった街と遺体 彼女にはその光景を
目にする事が堪えられないらしい

・・・てところで脳のチャンネルをぶった切った 何があって
街が瓦礫の山と化したのかは彼女と同一化し続けていれば
判ったかも知れないがどうも自殺願望を抱えている彼女に
沿い続ける(家族へ向く思考が無かったので天涯孤独の身では
ないかと感じられる)のは危険だと思った

と このように右脳が構築した某(なにがし)で制作時に身の
危険(主に精神面)を感じるのは自身だけだろうなぁw
febellfebell
2017年12月24日 01:54
作品を制作する際 考える必要の無い所に思考が及ぶ事が
そこそこにある 最近では「アカシックレコード」について

頭の中に湧いた話で『アカシックレコードを参照して原始地球へ
復元する』とあったんだが 実際にアカシックレコードなるものが
あったとして 果たしてそこに時間は記録されているのか?
という点
観測 いや 記録開始(宇宙創世)から 一歩=一秒 と置き
換えた場合 現在は振り返れば途方もない距離を歩いた事に
なるんだが アカシックレコードはその距離を果たして記録して
いるんだろうか

自身の今の見解はこうである
そもそも時計などの時間はヒトが編み出した発明物
(地球の規則的な運動サイクルを測定して段階的により精密に
区切っていった)であり それよりはるか以前からある
アカシックレコードは時間なんぞ記録していない いや 
時間によって記録を管理していない

話を戻して

アカシックレコードを参照して原始地球に還元する所行を
取った場合 SFモノなら「時間を巻き戻す」と表現するだろうが
それはヒトが観測した結果であり 厳密には時間は巻き戻って
おらず 事象の変異が新たに記録されるのみである え?
話が判らない?

PCの調子が悪いからって2017年12月23日から同年10月3日へと
システムの復元をやったって
PCの表示時間も10月3日に戻ったりしないでしょ?

やべ ま〜た眠れなくなったわ・・・
febellfebell
2017年11月19日 20:48
仕事が山場を抜けたと思ったら既に眼前には次の山が。
年末まで駆けるつもりかw
置いといて。

とあるドラマを観て
どうも頭が一般感覚に戻らないので帰宅時は観なくても
TVくらいには電源を入れるようにしているが その時
たまたま目に入ったドラマがあり

時代劇だったが女性が台詞を大声で喋っているところだった
この時点で視聴率は悪そうだなぁ と

一視聴者が「台詞を大声で喋っている」と感じ取ってしまう
その時点で演出もしくは演技は失敗していると言える

台詞は読むのではなく発するべきであり 噛まないようにと
意識をそっちに注ぎ過ぎると視聴者はドラマに入り込めずに
ただの傍観者となってしまう

タイトルを見て「あ 『おんな』はいらないな
 城主 直虎 としとけばよかったのに」などと思った
febellfebell
2017年10月28日 01:27
制作こぼれ話

「腕時計」・・・冒頭に宝石箱と出てくるが 自身が視た光景に
宝石箱は無かった ここの(絵の)カットは女性が箪笥の
右上の引き出しに手を伸ばしているところであるんだが 
そこは彼女にとっての貴重品入れであり 宝石箱と同等の扱い
だったらしい

「Paper syndrome」・・・芸能人が住んでそうなマンションに
群がったマスコミの足下のタバコの吸い殻やらゴミが終始
気になった 光景を視た第一印象は「汚ねぇなぁ・・・」
自身が芸能人に興味が無いせいでこの光景にてマスコミの
ターゲットが誰だったのか探ってないので未だに判ってない

「唇、さくら -Another side-」・・・この作品で
右脳がどうやらいろいろ拗らせて精製してるんだな と気付いた
作品だったりする
冒頭で彼女が亡くなった少年に会うために辿っている道筋は 
自身の実家を出てすぐの下り道を 少年が佇んでいる桜並木は
JR東淀川駅(現在の自身の通勤時に通り過ぎるエリア)の北側の
光景を素材として勝手にアニメーションに変換して再構成して
見せられている
ちなみに自身の実家は高知県 JR東淀川駅は大阪府である
そだね アニメーションで再構成しなきゃ「歩いて」
夕暮れ〜夜の間では辿り着けないねっ(泣
febellfebell
2017年10月9日 11:48
お返しコメにて省略した聴き取り制作時における問題点を
書き忘れていたので。

○30~40分 もしくは一時間程度の余裕が有る時に行う事
 仕上げられないと睡眠の妨げになる

○主軸キャラに入り込んだ場合 口に出すか言葉として
 思ってくれないとキャラの名前すら分からない が
 案外しゃべってくれないw
 (名前は知る必要がないのでもはや探ってない)
 こっちの都合で名付けてもいいがやっていない 愛着を
 持たないようにしている 感情のリンクを繋げないためである
 容姿に関してはモニタを通して観る感覚で捉えている
 右脳が勝手に楽曲に併せて映像を精製していると思われる
 映像が先にやって来て楽曲が後から てケースもある
 映像は大抵アニメーションである 実写の場合 時に
 グロすぎて制作出来ないので防衛本能が働いているか 
 単に自身がアニメが好きだからなのか その両方だろう 
○茜と雛罌粟で分かったんだが 主軸キャラが霊体の場合
 観測出来なくて見つけられないのでキャラに入り込めない
 ただし主軸キャラが捉えるものは入り込んでいなくても
 視える(「唇、さくら -Another side-」などで体験した)

 余談として「茜と雛罌粟」でやってきたコンテのひとつに
 うつぶせで頭をこちらに向けて倒れている誰かの遺体の
 そばに立つふたり分の足が視えたが これが茜と雛罌粟なのか
 遺体は主軸キャラなのかは未だに分からない 顔というか
 容姿の判明するカットがコレを書いてる今も脳内に来ていない

○完成に向けて 聴き取れない歌詞の補完作業をする際に
 楽曲の世界に沿った あるいは主軸キャラに沿った言葉を
 選べる程度の順応性と感応性が要る (かも知れない)

ね メンドクサイでしょう?(こなみ感)
febellfebell
2017年10月9日 11:04
所用で出掛ける前に あと今週 明日から残業祭り開催予定
置いといて

自身の作詞の聴き取り制作の行程

○頭の作詞に関する電源を入れ チャンネルを展開する
 うまく行かない場合はこっちで楽曲のintroを精製して
 脳内で流す
○歌が聴こえて来たらPCのメモに書き込んでいく
 (鉛筆などでノートに書いてたら速記でも習得していないと
  間に合わない) 
 しかしタイピングすら間に合わない場合は一番に該当する
 箇所を延々と脳内で垂れ流す と同時にそれに即した映像が
 なにかしら脳内に勝手に視えてくる ただしコンテで言うと
 一コマ(「It's so beautiful」が該当する)だけだったり
 楽曲より長い短編アニメ(「唇、さくら -Another side-」や
 「黄金の爆風」がこれに相当する)を精製したりする
○歌詞が聴き取れない場合は 視えて来た映像を素材として
 メロに縫い込んでいく 以下はその際の素材の拾い方
 TVを見ている感覚で第三者視点で視て拾う
 キャラに入り込んで作品世界を疑似体験する
 (ただしキャラが霊体の場合 自身は入り込めない)
 キャラに入り込んだ際 こっちからああしろこうしろと
 命じない というか指示には応じないと思われる
 ・・・そういえばやった事ないな・・・
 この作業の時点では楽曲は完成しており 自身の聴き取りの
 不足部分の補完作業のために入り込んでいるのであって
 いわば映画視聴中に主人公に向かってとやかく言い放つ
 視聴者と同じだからである
○30~40分でこの作業を終えるのが理想 それ以上掛かると
 大抵はボツになる 作品世界との自身とのリンクが崩れて
 「自」の言葉を投入し始めてしまいぶっ壊れるから

ね 簡単でしょう?(ボブ・ロス感)
1 | 2